中国で事業を開始するための要件

中国で事業を始めるには、中国の規制を満たさなければなりません。中国でビジネスを始める前に、奨励されている外国企業のカタログと制限されている産業のリストを確認する必要があります。あなたの業種にインセンティブや特別な規制があるかどうかを確認してください。中国での事業開始を計画する際は、広すぎない事業範囲を選択するようにしてください。範囲外の企業は許可を拒否される傾向があります。商務省および国家工商行政管理局は、中国で事業を行う前に、事業を承認する必要があります。

最小登録資本

中国で事業を開始するための最低登録資本要件は約20,000米ドルです。ただし、中国人の方は少ない金額で起業できます。登録資本は、企業経営、給与、社会保険、市場振興に使用されます。この資本は、化粧品の購入や贅沢な購入には使用できません。企業資本に対して行われるすべての支払いは、日常の取引に対するものでなければなりません。地方税務当局はすべての取引を監視します。

税申告方法

中国で事業を始めることを計画している場合は、地方税の報告システムと、支払う必要のある税金の種類について知っておく必要があります。中国企業の規制はますます厳しくなっており、そこで事業を始めるときに何を期待するかを知る必要があります。中国の税法は、さまざまな種類の投資活動に適用されます。これが中国の税務報告のクイックガイドです。

会計記録

中国の法律は、企業が経常勘定と資本勘定の両方を保持することを義務付けています。経常収支は日常業務用であり、資本収支はより正式な取引用であり、通常は外国人投資家からのローンが含まれます。外国の事業主が外部投資家から追加の資金を調達することを計画している場合、彼らは最初に調達した資本の額と株主ローンを申告しなければなりません。これらの資金を調達したら、所有者は就労ビザを申請する必要があります。これには最大4週間かかる場合があります。

知的財産権

中華人民共和国(PRC)は、世界で最も急速に成長している経済の1つですが、まだ先進国ではありません。これは、1966年の文化大革命が政府関係者、知識人、ブルジョアジーを非難したためです。商工中央管理局は廃止され、その50,000の登録商標は「資本主義的価値」を表すと見なされ、その後使用されなくなりました。さらに、何万人もの一流の科学者が「ブルジョアジー」と名付けられ、労働キャンプに送られました。

ローカル拡張パートナーを見つける

中国での起業を計画している場合は、現地の拡大パートナーを見つけることが重要です。パートナーは、ビジネスにローカルサポートを提供するだけでなく、国際市場の拡大に関連するリスクとコストを回避するのにも役立ちます。これらのパートナーは、調査、つながり、およびビジネスアソシエイトを通じて見つけることができます。あなたのビジネスに適したローカル拡張パートナーを見つける方法を見つけるために読んでください。以下にリストされているのは、中国でパートナーを見つける際に考慮すべき5つのことです。

ja日本語