インド人による中国でのビジネスの開始方法

この記事では、中国でビジネスを始める方法を見ていきます。その過程で、提出する必要のある書類、法人化に伴う費用、中国の外国企業が利用できるさまざまな法的構造について学びます。この記事の最後の部分では、中国に外国企業を設立することのメリットとデメリットについて説明します。この記事では、選択できるさまざまな法的構造と場所の概要についても説明します。

必要な書類

中国政府は、外国企業が国内で事業を立ち上げることを許可し、奨励しています。中国で事業を立ち上げる前に、事業の範囲と定義を特定する必要があります。まず、ターゲット市場を決定する必要があります。次に、競合他社を調査し、市場のどれだけを獲得できるかを把握します。国内で事業を行う場合は、現地の事業許可を取得し、許可を取得する必要がある場合があります。

中国に会社を設立する前に、まず必要な書類をまとめる必要があります。形成条項、投資家のパスポートのコピー、および登録資本金の金額が必要になります。銀行の照会先のコピーも必要になります。次のステップは、中国で法定代理人を見つけ、適切なFTZを見つけることです。中国で事業を始める前に、さまざまな規制や法律を理解することが重要です。

設立費用

外国人投資家として、あなたは中国での法人設立の正確な費用を知らないかもしれません。実際の費用は要件によって異なりますが、一般的に、法人化の費用は約US$6,400です。会社の初年度は「プレオペレーション」期間と見なされ、その間に機械の購入や工場の設立などの多額の費用が発生します。さらに、駐在員事務所(RO)に割り当てられた支出に対して税金を支払う必要があります。税負担を避けるために、この期間に関連するすべての費用を海外の本部に割り当てることをお勧めします。

中国で会社を設立するプロセスには、設備投資と政府機関への正式な登録が含まれます。あなたは中国でエージェントを選ぶことができます、そしてそれはあなたにわずかUSD$2000を要することができます。また、中国の大手国際法律事務所を選ぶこともできます。これは、タイムリーなアドバイスを提供し、母国語を話す経験豊富な専門家がいるため、強くお勧めします。このオプションは安くはありませんが、過去数十年にわたって弁護士が数多くの事業に携わってきたため、安全な方法です。

中国における外国企業の所在地

多くの外国企業にとって、中国でのデビューを成功させる秘訣は、適切な場所を選択することです。たとえば、この国の沿岸地域は、他の地域よりも人口が多く、収入も多いため、消費財の完璧なテストマーケットとなっています。ただし、これらの地域を選択することには、運用コストの上昇や競争の激化など、いくつかの欠点もあります。この記事では、中国における外国企業の最も一般的な3つの場所を検討します。

多くの外国企業は、優秀な人材を維持することに関して、中国で重大な課題を経験しています。中国の大学卒業生の数は豊富ですが、高度なスキルを持つ人材は依然として不足しています。その結果、中国の従業員は高い賃金を要求し、簡単に転職することができます。この高い従業員の離職率は、外国企業にとってコストがかかる可能性があります。中国のスタートアップを成功させるために、次のヒントを検討してください。中国でのスタートを成功させるには、地元の才能と国際的なビジネス文化を組み合わせた場所を選択してください。

法的構造の選択

中国での法人化にはいくつかのステップが含まれます。まず、最低登録資本金を決定する必要があります。次に、公開有限会社を設立するか、民間会社を設立するかを決める必要があります。どちらのタイプのビジネスフォーメーションにも、長所と短所があります。たとえば、民間企業は、公開有限会社よりも設立と運営にかかる費用が少なくて済みます。さらに、公開有限会社は法的制約が少なく、管理が容易です。

または、完全所有企業(WFOE)または有限責任会社を設立することを選択できます。中国で企業を設立したい場合は、前者が最も人気のあるオプションです。この構造により、会社は独立した法的エンティティであるため、会社の業務をより細かく制御できます。さらに、あなたは会社への資本の貢献に対してのみ責任を負うことができます。完全所有の企業を設立することは外国の起業家にとって最も有利な選択肢ですが、それは多くの時間とお金を要する可能性があります。

ja日本語